お茶・緑茶・日本茶に関する投稿

浅草で世界一濃い抹茶ジェラートが食べたい!

上京したら行きたい店が増えました(´∀`)

浅草で、世界一濃い抹茶ジェラートが食べられるそうですよ♪

 

“世界一濃い”抹茶ジェラートが味わえる、静岡「ななや」のショップが浅草にオープン

 

世界一、って言えちゃうのがすごいですよね。これ以上濃くできない、ってことかな?

 

私は糖質制限+αでピーク時から20kgほど体重が減ってるんですが、これは食べてみたいです(笑)

もともと厳格に糖質ゼッタイダメ!な生活をしてるわけではないですし、こういう「いざ」というときのための「糖質過剰摂取制限」がモットーですからね!(言い訳)

 

ゆる~い糖質制限+α、さらに毎日の緑茶で健康そのもの、はま茶んでした♪

つらい二日酔いを劇的に改善する緑茶の淹れ方

年末年始は家族で、友人と、楽しくお酒を飲む機会が多かったのではないでしょうか。

楽しいとついつい飲み過ぎてしまい、後がツライ二日酔いに…

まぁ私もその1人なのですが(笑)そんな辛い二日酔いを劇的に改善できる緑茶の淹れ方を、日本茶インストラクターの私はま茶んがお伝えします。

 

結論から言うと「値段の高いお茶を濃く淹れて飲む!」コレです(´∀`)

 

具体的には、

①少しでも価格の高いお茶を選び、

②茶葉をいつもより多めに使い、

③熱湯で

④1分以上待ってから

淹れて飲んでみてください♪

 

この淹れ方で、二日酔いの原因となる物質「アセトアルデヒド」を取り除くのに効果があるビタミンCと、利尿作用・覚醒作用のあるカフェインを多く含むお茶になります。

 

カフェインが多いので苦味が強くなりますが、味わうためのお茶ではなく、お茶の古来の用途である「薬」だと思って飲んでくださいね。

 

高いお茶、とはいっても「玉露」はやはりもったいないので(笑)来客用のちょっとイイお茶でお試しください(´∀`)

ギークな鹿児島茶ソムリエ、日本茶インストラクターのはま茶んでした!

大福茶で健康な一年を

お正月ならではのお茶、って知っていますか?

年の初めに無病息災などを祈ってのむ「大福茶」というお茶があります。

「だいふくちゃ」「おおふくちゃ」と読みます。

 

お正月に飲むと1年幸せに!縁起物のお茶「大福茶」

 

煎茶や玄米茶に昆布・梅干などを入れて飲む特別なお茶です。

材料だけみると梅茶漬けで代用もできそうですが(笑)

今年一年の健康を祈って、飲んでみてください(´∀`)

 

ギークな鹿児島茶ソムリエ、はま茶んでした♪